BLOG

見える気持ち、見えない気持ち

去年の3月から通いだした氣功。
自由参加の初級クラスから、外気療法の上のクラスに通いはじめ、約1年の間に、2つのクラスに通い、6月に修了しました。

氣は、見えないので感じる、響きあうことが大事になります。
毎日の練習の中で、繊細な「氣」というものを感じられるようになっていきます。

ただいつも先生に、
「自分から感じに行くのではなく、向こうからやってくるのを待つ」
事が大事だと、ず~~っと言われていました。

実際、練習を続けていくと
これかも知れないという実感がありました。
あまり熱心な生徒ではなかったけれど、それなりにやっていたのですが。

講座が修了して、次のクラスに通い始めるまでの1か月間
突然、やる気が起こらなくなり、練習をしなくなってしまいました。
まったく練習をせずに、上のクラスに通い始めたのですが。
もうアップアップでどうしよ~~です。
無理せず、初級クラスに戻ってやり直そうかと先生に言ってみました。

その時に言われたのが、
「がっかりしたんだね」
って、言葉です。

一瞬「???」と思ったけれど
今までは、練習を頭でやっていたから、心ががっかりしたんだと言われて。
確かにできてる気はしていたけれど、心からの手ごたえをあまり感じなかった。

「あ~~、そっか。がっかりしてたんだ」
と、腑に落ちました。

がっかりすることって、目に見えることならわかりやすい。
・自分の実力が出せなかった
・楽しみにしていた予定が中止になった
・がんばったのに、認めてもらえなかった
など、原因がわかっているから切り替えもしやすい。

それが、目に見えないがっかりだとなかなかわかりにくい。
今回の場合は、やる気がなくなるという形で出たんです。
その間、どうしてこんな急にやる気がなくなったんだろうってわかるまで、先生に指摘されるまでの1か月間、考え続けてました。
氣功が向いてないのかなとか、飽きてしまったのかなとかいろいろ。
「がっかり」したことが、原因とはつゆほども思わず。

なぜ「がっかり」したかと言えば、自分の思うような成果が出なかったから。
自分の思うような成果は、自分が勝手に設定した「高すぎる目標」
自分で自分を追い込んで「がっかり」してるだけですね。

目に見えない「もやもや」な気持ちは、案外自分では気づきにくいです。
ですが、わかった途端、やる気スイッチが入りましたよ。(単純ですが)
ガシガシやるのでは無くて、マイペースでじっくりやっていこうというレベルですが。
頑張るタイプの人が、マイペースにやることって意外とむずかしいですけど。
気づかないうちに、また力が入って頑張ってるから。
出来ることなら、気持ちの上がり下がりはなるべく穏やかなほうが楽ですね。

がんばり屋さん、その気がなくても頑張ってしまう性格の人におすすめのフラワーエッセンス

No.18 パープルコロミコ (シンプル)
・知らずしらずに完璧を求めて、できない自分を責める(頑張り屋の自覚がない)
・劣等感を持っている。
・問題を複雑にする
・自分を疑い、批判する
など。
パープルコロミコのポジティブな面である
・自己受容、自分の短所に向き合いそこから学ぶ、サポートをしてくれます。

NZフラワーエッセンスセッションについて

お申し込み
お申し込みフォーム
お問い合わせ
お問い合わせフォーム

 

関連記事

PAGE TOP
error: