BLOG

「螺旋」と第2チャクラの曼荼羅アート

2か月ぶりに、「チャクラワーク 人生を開く7つの鍵」 シンギングボウル&曼荼羅アートのWSに参加してきました。
今回は、第2チャクラ。
個人の感情やセクシュアリティを司るチャクラです。
「自分を認める」と言うキーワードは、いやでも自分と向き合うためですね~。
「うわ!」と思ったのはなぜでしょう?
前回のように、自分の中で浮かび上がってくる言葉を書き出しました。

今回は「螺旋」と言うキーワード。
気になる言葉を書き出した時ではなく、シンギングボウルを聞いている時に浮かび上がってきました。

自分を認める」と「螺旋
どんな関係があるの~?
と思っていましたが、曼荼羅アートを描いていくうちにいろいろ思うことがありました。

・今の自分と目指したい自分のギャップ。
(結果より過程が大切という事がやけに染み入ります)w
・自由にやりたい自分と無意識に自分を枠にはめてじたばたする癖。

この2つにずいぶん振り回されていました。

自分を認める
って、自分が納得している部分は認めやすいですが、無意識の部分は、気づかない分、「イライラ」「もやもや」などわかりづらい感情に振り回される気がします。

感情の振り幅が大きいほど、自分自身が疲れます。
が、無意識の部分に気づくことによって、客観的に見ることができるようになる。

螺旋」と言うキーワード。

巻貝のように最後は中心に向かっていく。
中心点が、本当の自分でそこに向かって登っていく。
感情の振り幅が小さくなっていき、これが「自分」だと感じるところに近づいていく。

そんな気づきを得たWSでした。

関連記事

PAGE TOP
error: